Site Meter
【産業動向】鴻海トップ「景気、23年Q3に好転」 当局予想より前倒しに市場注目
2023-05-26 11:40:28
EMS(電子機器受託製造サービス)世界最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)の劉揚偉・董事長(会長)は2023年5月25日、自身が招集人を務める台湾の電子産業の業界団体、台湾区電機電子工業同業公会(電電公会)の総会に出席した際に記者対応し、「私の観察する限りにおいて、景気は(市場や政府の予想より)前倒しで23年第3四半期(7〜9月)に好転する」との見通しを示した。台湾の大手紙『経済日報』(5月26日付)は、台湾の輸出が8カ月連蔵で衰退し、当局が景気が底を打って反発するのは23年第4四半期になるとの見通しを示している中、台湾を代表する世界的大企業フォックスコンのトップが前倒しの景気回復を予想したことに市場の注目が集まったと報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,460元
その他海外からのお申し込み:US$618.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI