Site Meter
【半導体】TSMC、熊本工場の設備投資86億米ドル 2nmは25年量産開始
2023-05-09 12:00:58
台湾の経済紙『工商時報』(2023年5月6日付)によると、ファウンドリ世界最大手、台湾TSMC(台積電)の劉徳音・董事長(会長)と魏哲家・最高経営責任者(CEO)は先ごろ公開した株主向け報告書で、海外での取り組みや5nm(ナノメートル)より先進プロセスの進捗などを説明。日本の熊本に建設中の新工場について、生産能力規模を12インチで5万5000枚に引き上げることを計画していると紹介した。また、最先端となる2nm「N2」製造プロセスについては、ナノシート(Nanosheet)技術を採用、ここまで進捗は順調だとし、24年の試作開始、25年の量産化を予定していると表明した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,055元
その他海外からのお申し込み:US$549.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用