Site Meter
【半導体】ファウンドリ大手、23年も値上げへ 景気減速も半導体の総体需要に変化なし DIGITIMES調査
2022-06-07 12:59:44
世界的なインフレやロシア・ウクライナ戦争、中国のロックダウン(都市封鎖)等の影響によるコンシューマ向け電子製品を中心とした需要の落ち込みを受け、パネル向けドライバIC供給各社がファウンドリに対する発注を削減した等、半導体の先行きを懸念する指摘が市場に出始めているが、調査会社DIGITIMES Researchは2022年6月6日付レポートで、台湾系の半導体サプライチェーンの話として、台湾系ファウンドリから値下げ実施の話は出ておらず、それどころか、ファウンドリ世界最大手のTSMC(台積電)は2023年に5~9%の値上げを実施、UMC(聯電)もこれに追随して23年に値上げを実施するようだと伝えた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:3,946元
その他海外からのお申し込み:US$590.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI