Site Meter
【産業動向】昆山ロックダウン再延長 PCBのUnimicronは生産再開も1日で終了
2022-04-22 12:42:01
中国江蘇省昆山市は2022年4月20日、新型コロナウイルスの防疫対策として実施している事実上のロックダウン(都市封鎖)を、4月21〜27日まで延長すると表明した。一方、台湾の大手紙『経済日報』は22日付で、昆山に生産拠点を置くEMS(電子機器受託製造サービス)のペガトロン(Pegatron=和碩)、プリント基板(PCB)のUnimicron(欣興)、半導体製造装置のFoxsemicon(京鼎)といった台湾系の電子大手は、操業再開の期待が打ち砕かれたと報じた。中でもペガトロンやフレキシブル基板(FPC)台湾Career(嘉聯益)の昆山工場は、最も規制の厳しい「封控区」に位置することから、両社の生産停滞が、ノートPC(NB)や米アップル(Apple)のスマートフォン「iPhone」生産に影響を与えるのは必至だと伝えた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,159元
その他海外からのお申し込み:US$656.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI