Site Meter
【産業動向】中国のコロナ対策、若手社員の我慢限界 上海・昆山の製造業幹部が懸念
2022-04-20 13:38:14
台湾の大手紙『経済日報』は2022年4月19日付で、ロックダウン(都市封鎖)にある中国の上海と江蘇省昆山に生産拠点を置く電子産業サプライチェーンの台湾系各社が、企業活動の再開に向けて19日から動き出し、従業員の「労・食・住」を工場内に集約する方式で操業復旧に着手したと報じた。ただ、操業を再開しても、物流の混乱や部材不足の問題が立ち塞がるのが現状だとした他、従業員の感染で再度と操業停止を迫られるリスクも存在すると指摘した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,159元
その他海外からのお申し込み:US$656.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI