Site Meter
【産業動向】DRAM、22年は供給過剰で価格下落へ TrendForce調査
2021-10-14 11:51:18
調査会社TrendForce(集邦科技)は2021年10月13日、22年のDRAMの供給ビットグロス(Supply Bit Growth)が17.9%、需要ビットグロス(Demand Bit Growth)が16.3%となり、DRAM産業は供給過剰の状態に陥り、価格下落に直面する恐れがあるとの見通しを明らかにした。部品不足の問題が各産業で起き、端末製品の組立の足かせになっていることが、DRAMの需要減を招くとしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,628元
その他海外からのお申し込み:US$718.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI