Site Meter
【産業動向】中国の電力制限、くすぶる火種 地方は火力に変動価格制の導入動き 金属ケイ素は高騰
2021-10-11 11:52:16
台湾の大手紙『聯合報』は2021年10月5日付で、中国各地で電力供給の制限が強化される中、電子産業の集積する江蘇省昆山では企業への電力供給が相次ぎ再開、半導体関連企業に対する電力の供給を優先する中国当局の姿勢が明らかになる等、危機はいったん解除に向かっていると報じた。ただ一方で同紙は、各地方政府が電力不足の解決に向け、石炭を主燃料とする火力発電の価格を変動制にする政策の制定を推進しており、中国に拠点を置く台湾系企業が行方を注視しているとした他、電力不足を背景に、金属ケイ素等の半導体産業川上の原材料価格が最近になって急騰する等、半導体や電子産業において電力制限に伴う問題が解消したわけではないと指摘した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,628元
その他海外からのお申し込み:US$718.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI