【産業動向】華為、第三者決済に参入 「アリペイ・ウィーチャットペイに強敵」と台湾メディア
2021-03-30 11:13:57
中国紙『中国証券報』は2021年3月25日付で、通信機器大手の中国Huawei(ファーウェイ=華為)が、電子決済で中国当局の認可を持つ深セン市訊聯智付網絡(szsharelink=訊聯智付)の株式100%を取得し、モバイル決済による第三者決済分野に参入したことが、中国で企業情報を扱う公共データベース「天眼査」のデータで分かったと報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥88,000-
中国でのお申し込み:4,740元
その他海外からのお申し込み:US$723.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI