【車載】百度のEV進出、市場はインベンテックの先行きに期待 ECUやADASで協働
2021-01-14 12:30:28
中国の検索最大手Baidu(バイドゥ=百度)が2021年1月11日、中国の自動車大手Geely(吉利汽車)と提携して自動運転の電気自動車(EV)の製造販売に参入すると表明したが、台湾市場では、ノートPC(NB)やサーバーの受託製造大手、台湾インベンテック(Inventec=英業達)の先行きに対する期待が高まっているようだ。EVのECU(Electronic Control Unit)や先進運転支援システム(ADAS)でBaiduと協働しているためで、自動車関連事業がインベンテックの新たな成長要因になるとの見方が広がっているという。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,028元
その他海外からのお申し込み:US$778.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI