【半導体】TSMC、5nm稼働率85%に低下の見方 華為キャンセル分をアップルで埋め切れず TrendForce調査
2020-11-20 11:52:40
調査会社TrendForceは2020年11月18日付、ファウンドリ世界最大手、台湾TSMC(台積電)の先進5nm(ナノメートル)製造プロセスについてのレポートを公表、稼働率が直近で85〜90%にまで下がっているとの見方を示した。5nmの顧客は20年、米アップル(Apple)と中国Huawei(ファーウェイ=華為)傘下のIC設計企業HiSilicon(海思)の2社のみだったが、米の制裁でHisiliconが発注をキャンセルしたことで、アップル1社のみの発注ではHisiliconの穴を埋め切れず、稼働率が下がったとしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI