【携帯】華為から分離で「蘇生」のHonor、21年スマホ出荷6500万台期待
2020-11-18 12:02:02
深セン市智信新信息技術が中国紙『深圳特区報』の2020年11月17日付紙面に、中国Huawei(ファーウェイ=華為)傘下の携帯電話ブランド「Honor(栄耀)」の業務・資産を買収することで、Huaweiと合意したとする声明を掲載したが、これについて台湾の経済紙『工商時報』は翌 18日付で、米大統領選で民主党のバイデン氏の当選が確定すれば、Huaweiから離れたHonorが「蘇生」しスマートフォンの順調な出荷を取り戻すとの見方が台湾市場に出ていると報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI