【EMS/ODM】iPhone 12「環境保護」強化で恩恵の台湾7社
2020-10-15 12:26:14
米アップル(Apple)は日本時間2020年9月14日に発表した新型スマートフォン「iPhone 12」シリーズで、環境保護の観点から、先代まで行っていた有線イヤホンと充電器の同梱をやめたり、ケーブルの外装をプラスチックから織物に変更する等の変更を行ったが、アップルのサプライチェーンが集積する台湾の大手紙『経済日報』同15日付で、アップルが今回打ち出した環境保護の観点でピックアップした台湾系サプライチェーンを紹介する記事を掲載した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI