【産業動向】米、中国製液晶パネルとメモリも制裁対象の観測 台湾メディア
2020-10-13 10:27:34
台湾の有力紙『経済日報』は2020年10月12日付で、「中国たたき」を大統領選の再選戦略に掲げているトランプ米大統領が、ファウンドリ中国最大手のSMIC(中芯国際)に続き、中国製液晶パネル(TFT-LCD)とメモリを、11月3日の大統領選までの残り数週間に制裁対象に加える可能性があると報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI