【携帯】華為、スマホチップ調達で「プランB」なし ハイエンド撤退で車載・ドライバICシフトへ 中国報道
2020-09-17 09:50:44
中国の経済紙『証券時報』は2020年9月15日付で、米国の制裁を受けている中国のスマートフォン、通信機器大手Huawei(ファーウェイ=華為)のサプライチェーンの話として、米国系企業の替わりに地場中国系と日系、韓国系企業でサプライチェーンを構築するという代替案、すなわち「プランB」をHuaweiが準備していないと報じた。その上で同社が、ハイエンド携帯電話から事実上撤退し、自動車関連や有機EL(OLED)用ドライバIC、ソフトウェア、携帯電話周辺機器に重点を移していくと伝えた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI