【産業動向】エヌビディアのARM買収、中国の半導体国産化ピッチ鈍化 TRI指摘
2020-09-16 11:08:08
グラフィックプロセッサユニット(GPU)大手の米エヌビディア(NVIDIA)が米国時間2020年9月13日、ソフトバンク(Softbank)グループから英アーム(ARM)の全株式を最大400億米ドルで買収すると表明したが、調査会社Topology Research Institute(TRI)はこのほど、エヌビディアのARM買収により、米国はx86とARMの2大アーキテクチャのエコシステムを掌握し、プロセッサ(CPU)コア分野を主導する揺るぎない地位を固めることになるとし、米国がこれを機に自国半導体産業の発展を図る中国を牽制する勢いを強めるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,150元
その他海外からのお申し込み:US$759.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI