【産業動向】PwC台湾、米の華為制裁で企業に注意呼びかけ
2020-09-11 10:51:45
プライスウォーターハウスクーパース台湾(PricewaterhouseCoopers Taiwan=PwC Taiawn)普華商務法律事務所は2020年9月9日、中国のスマートフォン、米トランプ政権が通信機器大手Huawei(ファーウェイ=華為)に対する制裁措置の再強化に踏み切ったことが台湾に与える影響についてのレポートを公表、半導体をはじめとする産業チェーンに対し、取引の対象、製品・技術の制限、取引の範囲の3つに細心の注意を払うよう呼びかけた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI