【産業動向】チップ抵抗価格、20〜25%下落 供給増と末端需要低迷で
2020-07-31 11:31:03
受動部品(パッシブコンポーネント)の価格がここに来て下落している模様だ。まず積層セラミックコンデンサ(MLCC)の価格が大幅に下がった後、今度はチップ抵抗が20〜25%値下がりした。受動部品業者の顧客の工場が、新型コロナウイルスによる閉鎖から操業を回復したものの、本来なら伝統的な最盛期に当たる第3四半期の需要が、今年は上向かないことが価格下落の背景にあるという。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI