【産業動向】20年のサーバー発注見通し グーグル・MS・FB・AWS・新BAT DRAMeXchange調査
2020-06-29 12:04:53
調査会社DRAMeXchangeは2020年6月22日、サーバーの20年第3四半期世界出荷見通しについて、前期比横ばいか微減との見通しを明らかにした。サーバーODM(Original Design Manufacturer=設計・製造)企業に半製品(ベアボーン)在庫が積み上がる恐れがあり、ODMに対する発注が調整される可能性が高いとしている。(=文末にクラウドサービス北米4社、中国3社のサーバー発注需要の対前年比見通し)

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI