【EMS/ODM】第3世代AirPods投入、コロナ禍で21年に延期 ヘルスケア・翻訳機能搭載も
2020-05-28 11:42:30
台湾の夕刊紙『聯合晩報』は2020年5月26日付で、米アップル(Apple)が今後1~2年以内に投入する完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」に環境光センサー(Ambient Light Sensors=ALS)を搭載して、心拍数や歩数の追跡等、ヘルスケア機能を追加すると報じた。一方でサプライチェーンの話として、20年上半期に発売を予定していた第3世代のAirPodsは、新型コロナウイルスの影響で、21年に先送りすると伝えた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI