【新型コロナ】マレーシア封鎖延長、エプソン水晶モジュール工場1カ月停止で台湾TXCに受注流出 台湾報道
2020-03-26 12:23:31
マレーシア政府は2020年3月25日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために全土で実施している移動制限を、4月14日まで2週間延長すると発表したが、台湾の経済紙『工商時報』は翌26日付で、期間延長により石英モジュール(水晶振動子)世界最大手セイコーエプソン(Seiko Epson)ではマレーシア工場が1カ月の操業停止を迫られることになるとした上で、同社から流出した受注により、業界4位の台湾TXC(晶技)が緊急の大口受注を獲得したと報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,167元
その他海外からのお申し込み:US$742.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI