【武漢肺炎】台湾PCB産業、新型コロナでリスク表面化 生産額の63%を中国に依存で
2020-02-14 10:22:25
台湾のシンクタンク工業技術研究院(工研院=ITRI)産科国際所はこのほど「中国武漢における肺炎の流行による台湾産業への影響分析」と題するレポートを発表、台湾のプリント基板(PCB)産業の生産総額の63%を中国の拠点が占めているとした上で、米中貿易戦争、強引な環境対策、そして今回の新型肺炎と、中国で大きな打撃に見舞われてきた中国に拠点を置くPCB業者に対し、生産拠点の分散化を加速する必要があると提言した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,167元
その他海外からのお申し込み:US$742.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI