【武漢肺炎】新型コロナが炙り出した台湾製造業の2大問題 「在庫」と「中国依存」
2020-02-14 10:15:26
社団法人台湾サプライマネジメント協会(中華採購供応管理協会=Supply Management Institute)の頼樹鑫・最高経営責任者(CEO)はこのほど、中国で発生した新型コロナウイルスが台湾の製造業に与える影響について、「想像を上回るものであり、同時に、台湾製造業が抱える『在庫レベルが少なすぎる』『中国に過度に依存し、リスク分散ができていない』という長期的な問題も顕在化することになった」と述べた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI