【武漢肺炎】華為、光通信とレンズで台湾に緊急発注 新型コロナで武漢・浙江・広東の生産ストップ
2020-02-14 10:12:03
通信機器・スマートフォン大手の中国Huawei(ファーウェイ=華為)が、光通信の台湾LMOC(聯亜)と、光学レンズの台湾Largan(大立光)に緊急発注をかけた模様だ。中国系の光通信関連企業が集積する湖北省武漢と、光学レンズの中国大手Sunny(舜宇)が生産拠点を置く浙江省と広東省で、新型コロナウイルスの感染拡大により生産活動が止まっているためだという。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI