【武漢肺炎】アップル台湾サプライチェーン中国工場の操業状況 Largan・GSEO・Catcher
2020-02-14 10:08:53
台湾の有力紙『経済日報』は2020年2月11日付で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため春節(旧正月)明けの操業開始を延期していた米アップル(Apple)の台湾系サプライチェーンの中国工場が、同10日から相次ぎ操業を再開したものの、地方から職場に復帰した従業員等が地元当局の規定で感染の有無を確認するため一定期間の隔離を余儀なくされたり、物流は税関の停滞等で、操業の全面的な再開にはなお相当な時間がかかるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI