【武漢肺炎】中国市場スマホ出荷見通し、20年Q1前年比5割減・通年15%減 Canalys調査
2020-02-12 10:33:20
『工商時報』『anue』等2020年2月11日付で複数の台湾メディアがつがえたところによると、調査会社Canalysはこのほど、20年第1四半期の中国市場のスマートフォン出荷台数が少なくとも前年同期比で40〜50%減少、20年通年でも前年比10〜15%の減少を見せるとの見通しを明らかにした。いずれも中国で発生した新型コロナウイルスを原因とする肺炎の拡大がスマホ産業全体の販売と生産に影響を与えることを理由にしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,167元
その他海外からのお申し込み:US$742.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI