【武漢肺炎】太陽光発電、2月末にも在庫枯渇 単結晶シリコン・ガラス・アルミ部品
2020-02-11 15:25:54
新型コロナウイルスを原因とする肺炎の感染拡大は、太陽光発電のサプライチェーンも混乱させているようだ。台湾紙『経済日報』(2020年2月10日付)が報じたもので、産業川上の単結晶シリコン、ガラス、アルミ部品等原材料は生産、出荷とも制限されていると指摘、太陽光発電メーカーの在庫レベルは20年2月末に尽きるとし、業界では値上りが不可避だとの見方が広がっている他、川上の中国系企業の操業状況次第では、サプライチェーン寸断のリスクもあるとしている。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,273元
その他海外からのお申し込み:US$745.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI