【産業動向】フィリピン火山噴火、サムスン・村田・太陽のMLCC生産を業界注視 台湾Kinpoは操業停止
2020-01-14 11:33:18
フィリピンの首都マニラ近郊で20120年1月12日、火山が噴火し、マニラ国際空港が12、13日両日、滑走路を一時閉鎖する等の影響が出ている他、さらなる噴火の恐れが指摘されているが、台湾の経済紙『工商時報』は同14日付で、噴火の影響で、韓国サムスン電機(Samsung Electro-Mechanics)、太陽誘電(Taiyo Yuden)、村田製作所(Murata)等、受動部品(パッシブコンポーネント)大手のフィリピン工場が手がける積層セラミックコンデンサ(MLCC)の生産と出荷に支障をきたす恐れがあるとの観測が台湾の業界に浮上していると報じた。


報道によると、噴火したのはマニラの南60キロにあるルソン島のタール火山。マニラ国際空港では12〜13日にかけて滑走路を閉鎖し火山灰を取り除いた後、運航を再開したが、成田便等計252便が欠航した。

工商時報が伝えた台湾の受動部品業界筋は、フィリピンに前工程から後工程までの一貫したMLCC生産拠点を構えているMLCC世界2位のサムスン電機が大きな影響を受けるだろうと述べた。

報道によると、サムスン電機は1月13日、顧客から現地工場の材料輸入と完成品輸出に対する影響に問い合わせがあったとした上で、状況の確認に努めているとのコメントを出した。

工商時報は、サムスン電機のMLCC生産ライン稼働率が直近で70~75%、在庫レベルも健全な水準を回復していたと指摘。さらに同社が19年12月、販売ルート向けMLCCのオファー価格を引き上げ、「104」「105」等の汎用品を5~10%値上げしたと報じた。

一方、太陽誘電と村田製作所のフィリピン工場に与える影響について先の業界筋は、手元の情報では判断しづらいが、正常な出荷の回復は空港の状況次第になるとの見方を示した。

このほか同紙は、フィリピンに多くの生産拠点を持つEMS(電子機器受託製造サービス)大手の台湾Kinpo Electronics(金宝電子)が13日、現地当局の意向に応じる形で操業を一時停止し、建物や生産設備の点検補修を行った上で、同日夜に正常な生産を回復する見込みだと表明したと伝えている。

【関連情報】

【産業動向】 村田、SEMCOがMLCC新工場 台湾勢警戒
【EMS/ODM】台湾New Kinpo、タイの生産能力を倍増
【産業動向】MLCC需給、20年はQ1から既にひっ迫 価格は通年で5割上昇も
【産業動向】受動部品のYageoが米KEMET買収 日米の車載・産業用への参入に弾み
【EMS/ODM】受動部品Yageo、「0201」「0402」生産対応で1000人増員

中国・台湾市場調査ならEMSOneにご用命ください。台湾のシンクタンク、TRI社との共同調査にて、最新の情報をお届けいたします。 先ずはこちらまでご相談ください。

※EMSOneでは日系企業様に向け、コストダウンに向けた各種アウトソーシングサービスの提案を行っています。EMS或いはODMを通じたコストダウンについて はこちらをご覧ください。
    【ソース:】TRI