【産業動向】ミニLED、コスト高の克服になお時間 ネックはPCB 鴻海傘下AOT見解
2019-11-29 10:32:18
台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)傘下でLEDの台湾AOT(栄創)が2019年11月26日に開いた会見で、ディスプレイの次世代技術として注目されているミニLED(Mini LED)について、依然として高いコストが普及の足かせになっており、同社やサプライヤーでは懸命に克服に取り組んでいると表明した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI