【半導体】 鴻海、カリスマ創業者の後任決定で分かったシャープ買収の真の目的 中国メディア
2019-07-10 11:49:41
中国のITネットメディア『集微網』は2019年7月1日付で、EMS(電子機器受託製造サービス)世界最大手、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)の創業者である郭台銘・董事長が、2020年の台湾総統選に出馬するため董事長を辞任し、その後継に同社半導体部門「S次グループ」トップの劉揚偉氏を指名したことで、市場や業界では、フォックスコンが半導体事業を強化していくことの現れだとの評価が出ているが、劉氏の後継就任により、2016年の時点でシャープ(Sharp)を買収した目的の1つが半導体に注力していくためだったことが今になって浮き彫りになったと報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI