【産業動向】 監視カメラのHIKVISION、在庫6カ月分積み上げへ発注倍増
2019-06-25 11:29:22
トランプ米政権が安全保障上の懸念がある外国企業を列挙したリストに加わる可能性があると見なされ、第2のHuawei(ファーウェイ=華為)として米の封殺に遭うと見なされてきた中国の監視カメラ大手ハイクビジョン(HIKVISION=海康威視)が、最近になってサプライチェーンに対する発注規模を、単月ベースで過去の2倍に引き上げたとの観測が台湾市場に流れているようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI