【産業動向】 東芝メモリ操業停止、台湾メモリモジュール業者「この数日で発注殺到」 台湾メディア
2019-06-24 11:52:20
東芝メモリ(TMC)の四日市工場が2019年6月15日に停電の被害を受け、同20日現在、操業を回復していないと『日本経済新聞』等複数の日本メディアが同21日付で報じたが、台湾の有力紙『経済日報』は6月23日付で、日本では市場、業界とも四日市工場の損傷の程度は浅くないと見ているとした上で、NAND型フラッシュメモリ(NANDフラッシュ)を主力とする同工場のトラブルにより、8四半期連続で続いていた価格下落に歯止めがかかり、在庫積み上げが進む可能性があるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI