【産業動向】 TPKがJDIへの出資撤退を決めた3つの理由 台湾メディア
2019-06-20 11:49:05
タッチパネル大手の台湾TPK(宸鴻)が2019年6月17日、ジャパンディスプレイ(JDI)に出資する中台連合のSuwaコンソーシアムからの離脱を表明したが、これについて、TPKの地元台湾の有力経済紙『経済日報』は同17日付で、台湾業界筋の見方を引用しながら、TPKが離脱を決めた理由を解説する記事を掲載。(1)JDIの債務が予想より深刻だった、(2)米中貿易戦争の先行き不透明、(3)外国を排斥する日本のナショナリズム、の3点を主な理由に挙げた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI