【携帯】 JPモルガン、19年スマホ世界販売7.6%減に下方修正 「米中の影響、相当深刻」
2019-06-20 11:44:38
JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase)が最新レポートで、2019年のスマートフォン世界販売台数が、前年から7.6%減少するとの見通しを明らかにした。米トランプ政権による中国Huawei(ファーウェイ=華為)の封殺と米中貿易戦争の影響がかなり深刻で、外部環境がスマホ産業にとってさらに不利なものになっていることを理由に挙げた。翌20年についても、5G(第5世代移動通信)がスマホ産業の景気回復を牽引するまでには至らず、前年比1.5%減とマイナス成長が続くとの見方を示している。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI