【EMS/ODM】 台湾ODM、地元や東南アジアでも人手の確保に苦心
2019-06-18 12:06:15
米中貿易戦争の影響回避で、台湾のエレクトロニクス業界では、ハイエンド製品の生産は台湾、その他は東南アジアでというのが1つの流れになりつつあるようだが、こうした中、米アップル(Apple)製品の主要サプライチェーンとしても知られるクアンタ(Quanta Computer=広達電脳)、ペガトロン(Pegatron=和碩)の台湾ODM(Original Design Manufacturer=設計・製造)大手2社は、人手不足という課題にも直面しているようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI