【産業動向】 中国5G許可交付、期待の台湾CCL 3社
2019-06-14 11:55:43
中国政府の工業情報化部(工信部)は2019年6月6日、移動通信キャリアのチャイナモバイル(China Mobile=中国移動)、チャイナテレコム(China Telecom=中国電信)、チャイナユニコム(China Unicom=中国聯通)と、ブロードバンドサービスのチャイナブロードキャスティングネットワーク(CBN=中国広電)の4社に5G(第5世代移動通信)の営業免許を交付したが、台湾の経済紙『工商時報』は同11日付で、中国の5G商用化で真っ先に恩恵を被るのは銅箔基板(CCL)メーカーだとし、注目される台湾系3社を紹介した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI