【EMS/ODM】 鴻海の次期経営陣「中国以外でアップル生産でも対応可能」
2019-06-12 10:31:23
EMS(電子機器受託製造サービス)世界最大手の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)が新設する9人で構成する経営委員会メンバーの1人である鴻海S次グループ(事業部)総経理で半導体製造装置Foxsemicon(京鼎)董事長の劉揚偉氏は2019年6月11日、台湾新北市土城の本社で開いた同社初の投資家向け説明会で、米中貿易戦争の影響で米アップル(Apple)が生産を中国からその他の国・地域に移すのであれば対応は可能だとの考えを示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI