【産業動向】 モルガン・スタンレーの指摘する華為に起こる5つの変化と台湾関連株の影響 台湾メディア
2019-06-11 10:32:16
モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)が最新レポートで、米トランプ政権の封殺にあった中国の通信機器大手Huawei(ファーウェイ=華為)の台湾系サプライチェーンについて、その影響が各社の2019年6月売上高から反映し始め、伝統的な最盛期である第3四半期を通じて業績の低迷になって表れるとの見通しを示したようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI