【EMS/ODM】 米、メキシコ関税見送り、台湾EMSも一息
2019-06-10 12:15:38
トランプ米大統領が2019年6月7日、不法移民の問題を理由にメキシコ製品に課すとしていた制裁関税発動の無期限見送りを表明したが、台湾の通信社『中央社』は同8日付で、米の対メキシコ制裁関税で大きな打撃を受けると予想されていたサーバー等受託製造のウィストロン(Wistron=緯創)、インベンテック(Inventec=英業達)、自動車用ウィンドウのMacauto(皇田工業)等、メキシコに拠点を置く台湾系業者は一息つくことになると報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI