【産業動向】 COF基板、華為「買い漁り」で争奪戦激化 フレクシードや台湾2社に注目
2019-06-04 11:29:10
米トランプ政権の封殺によりサプライチェーン寸断の危機に直面した中国の通信機器大手Huawei(ファーウェイ=華為)が、業界関係者から「買い漁る」との表現を使われる勢いで、需給がひっ迫しているパネル用ドライバICのチップオンフィルム(COF)基板を調達しており、これに慌てたOPPO(欧珀)、Vivo(歩歩高)といったスマートフォンの競合も加わった争奪戦が展開されているようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI