【産業動向】 IEEEも華為「封殺」 論文査読から同社員除外 米投資銀は5G商用化の遅れ懸念
2019-05-31 11:50:14
学術団体の米電気電子学会(IEEE)が、中国の通信機器大手Huawei(ファーウェイ=華為)に所属する学者や社員が、同団体の機関誌に掲載する論文の査読に加わることを禁止する決定を下した模様だ。これを伝えた台湾紙『経済日報』(2019年5月31日付)は、IEEEが、Huaweiの「封殺」に加わった新たな国際団体になったとした上で、Huaweiを排除する一連の動きが、5G(第5世代移動通信)の統一規格や商用の投入に悪影響する恐れがあるとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI