【PC】 エイサー、関税負担で幹部の意見分かれる 董事長「業者皆で負担」・創業者「最終的には消費者」
2019-05-30 11:11:36
PC大手、台湾エイサー(Acer=宏碁)の陳俊聖・董事長は2019年5月28日、米トランプ政権の対中制裁関税について、「誰が関税引き上げの部分を負担するかはまだ分からないが、部品、PCブランド、販売チャネル等が分担するようになるかもしれない」と述べた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI