【産業動向】 中国5G基地局、米の封殺にオーバークロック版で対処 DIGITIMES調査
2019-05-28 11:11:22
調査会社DIGITIMES Researchは2019年5月27日付で、中国の5G(第5世代移動通信)化に関する最新レポートを公表、中国の通信機器大手Huawei(ファーウェイ=華為)が、米トランプ政権による封殺の影響で、米国系IT大手から一連の製品を調達できないという状況に直面しているものの、中国系や台湾系の企業は、オーバークロック版のソリューションを用いることにより、19年下半期から関連製品の出荷を可能にするとの見方を示した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI