【EMS/ODM】 ファーウェイと関係の深い台湾・中国企業19社 台湾メディア
2019-05-21 11:29:13
米中貿易戦争がエスカレートする中、米トランプ政権が中国の通信機器大手Huawei(ファーウェイ=華為)の封殺に動いたが、台湾紙『旺報』は2019年5月19日付で、ファーウェイ(華為)傘下のIC設計企業HiSilicon(海思)では、米国から半導体をはじめとする技術の入手が困難になる「極端なシナリオ」をあらかじめ想定して数年前から準備を進めてきたとし、現在、「金庫にあるすべてのスペアタイヤを活用する時が到来した」との認識で状況に対応していると報じた。その上で同紙は、Huawei、HiSiliconのサプライチェーンにおける台湾系、中国系業者の地位が今後、重要になっていくとの見方を示し、ファウンドリ、IC設計、パネル、光学部品、完成品組立、プリント配線板、コネクタで関係の深い台湾、中国系企業19社を挙げた。(=文末にリスト)

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,287元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI