【産業動向】ファーウェイ調達チーム、米制裁受け本社で緊急対策会議 手元在庫は7カ月分 台湾メディア
2019-05-17 11:27:05
米トランプ政権が2019年5月15日(米国時間)、安保上懸念のある外国製通信機器の使用中止を米企業に求めることを決定すると同時に、中国の携帯電話・通信機器大手ファーウェイ(Huawei=華為)に対する米企業の輸出規制を事実上決めたことを受け、ファーウェイ本社の調達チームが5月16日、中国広東省東莞市松山湖にある本社に集まり緊急対策会議を開いた模様だ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI