【産業動向】 台湾当局、中国除外のサプライチェーン構築提唱 企業側「理想言い過ぎ」と批判
2019-05-17 11:07:55
米中貿易戦争のエスカレートを受け、台湾当局では、中国に製造拠点を置く台湾系業者に対し、生産を台湾に移管するよう奨励すると同時に、中国系業者を排除してサプライチェーンを再構築するよう呼びかけているが、EMS(電子機器受託製造サービス)やODM(Original Design Manufacturer=設計・製造)大手をはじめとする企業側は、中国を完全に排除するのは非現実的だとして、台湾当局の制作を「理想的に過ぎる」として批判しているようだ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI