【産業動向】 米、安保懸念企業との取引禁止で打撃の中国3社と受注増期待の台湾6社
2019-05-16 11:00:00
台湾紙『経済日報』は2019年5月16日付で、米トランプ政権が同15日、安全保障上の懸念のある外国製通信機器の使用中止を米企業に求めることを正式に決めたことで、ファーウェイ(Huawei=華為)、ZTE(中興)、TP-Link等の中国系通信機器メーカーは大きな打撃を受けると指摘、一方で、台湾系競合のD-Link(友訊)、Unizyx(合勤)、Accton(智邦)、Alpha(明泰)はシェア拡大が期待されると報じた。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI