【EMS/ODM】 米の制裁第4弾、台湾ODM 5社対応進まず苦慮
2019-05-15 12:17:37
米トランプ政権が2019年5月13日、対中制裁の第4弾となる中国から輸入する3000億米ドル相当の製品について25%の関税を課する対象品目のリストの案を公表、携帯電話やノートPC(NB)が含まれたが、中国に主要な生産拠点を置くNB受託製造の台湾系大手が翌14日、これに対する懸念を相次ぎ表明、影響回避で中国から東南アジア諸国への生産移転を進めているものの多くの困難に直面しているとし、順調に対策が進んでいるとは言えない現状を浮き彫りにした。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI