【液晶パネル】 TV業界、トランプ「第4弾」警戒でブラックフライデー商談5月に前倒し
2019-05-13 11:23:25
トランプ米政権が中国からの輸入品すべてに25%の制裁関税を拡大する「第4弾」の実施に備え、米国で2019年11月末にある「ブラックフライデー商戦」に向けた在庫積み上げを例年より前倒して始めることで、関税引き上げの影響回避を目指す動きが液晶パネル業界で出ている模様だ。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI