【液晶テレビ】 サムスン、大型QD-OLEDテレビ2021年量産化へ始動 DIGITIMES調査
2019-05-07 11:06:11
調査会社DIGITIMES Researchは2019年4月26日付で、韓国サムスン電子(Samsung Electronics)が大型テレビ(TV)用の有機EL(OLED)に対する投資を19年に再開するとし、同グループのサムスンディスプレイ(Samsung Display)が韓国チュンチョンナムド(忠清南道)のアサン(牙山)市タンジョン(湯井)の生産拠点で量子ドット・有機EL発光(QD-OLED)TVパネル生産ラインの建設を19年上半期中に完了、同年下半期に試作段階に入るとのレポートを公開した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:4,824元
その他海外からのお申し込み:US$719.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI