【産業動向】 「中国恐れて弱者の台湾を矢面」鴻海会長、マイクロソフトを痛烈に批判 台湾メディア
2019-03-13 11:28:22
特許のライセンス使用料の支払いなどを求めて米マイクロソフト(Microsoft)がEMS(電子機器受託製造サービス)世界最大手の台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)を米国の裁判所に提訴していたことが2019年3月11日明らかになったが、台湾紙『経済日報』(同13日付)によると、フォックスコンの郭台銘・董事長は同12日、マイクロソフトが同社を提訴した背景には米中貿易戦争があるとし、不当な求めには屈しないと主張した。

ニュースの全文はこちら(会員向けサービスとなります)

   EMSOne会員申し込みはこちらまで!
   全てのコンテンツが2週間無料! 試用会員のお申し込みはこちらまで!
   当日のニュースを毎日配信! メルマガ会員へのお申し込みはこちらまで!

会員種類ご利用料金(年制)サービス内容
試用会員¥0-(2週間)「EMS/ODM企業検索」の一部ご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
標準会員日本でのお申し込み:¥80,000-
(税抜き、月6,666円相当)
中国でのお申し込み:5,078元
その他海外からのお申し込み:US$740.
「EMS/ODM企業検索」のご利用
「EMS/ODM企業ニュース」のご利用
「EMS/ODM市場ニュース」のご利用
「EMS/ODMニュース分析・市場レポート」のご利用

    【ソース:】TRI